仕事内容の流れを教える

一連の仕事内容の流れとは

新人さんのヌキも流れとして覚えてもらうことで間違っていても早い段階で修正できます。一つ一つの作業に没頭する従業員を作らないためにもこれは重要なステップです。大まかな流れを理解していれば細かい部分は自分で流動性を持って対応できるようになります。また、先輩や責任者にチェックしてもらえば正しい動作を継続して行うことが出来て後からもう一度最初から見直す必要性がほとんどなくなります。これは、慣れてきてから一から教えるよりは従業員の負担とすれば、とても軽くなるとは思いませんか?慣れてきてからもう一度最初の段階の修正をしようとすると、クセを直して元に戻さなければいけないので負担は倍増、戦力になかなかならず、いつまでたっても苦労しっぱなしの世界が待っています。これはきっと、教える従業員にとっても、新人さんにとっても不幸な結果と言わざるを得ません。また、採用の段階で接客がしっかりできる人かどうかの判断も大切になってきます。新宿の求人サイトでは多くの仕事情報が載っています。

一連の動作で覚える

スムーズに出来るようになった時を絶対に見逃さないでほしい。これも教えている最中によくあることですが、教えて出来るようになった項目、特に言われなくても一連の作業をスムーズにこなせるようになった時、教える従業員はどんな態度や声掛けで新人さんを迎えているでしょうか?出来て当たり前、と思ったら最後、新人さんのモチベーションは下降の一途をたどります。残念でした。出来たことは大げさでなく、素直に「よくできたね」「素晴らしいね」という戦力として認める、というコミュニケーションのスタート地点なのです。ついこの間まで何も知らなかった新人さんが、自分の教えたことを素直に受け入れてくれて、さらにそれを実践してくれる。


 

一連の動作とセンス

これ以上に教える従業員冥利に尽きるシチュエーションはないと思いませんか?ただし、不必要に褒め続けるのも問題が発生することがあります。わざと言っているんじゃないか?と思われる危険があるということですね。これを回避するには別の手段を講じる必要性もあります。「ありがとう」「助かったよ」と感謝を述べることです。私もそうでしたが、褒めるのは非常に苦手でしたし、ほかの教えている従業員を見ていてもそういう人が多いと感じました。おそらくですが、教えるくらいの従業員ですから、どうやってマスターしようと自分で工夫するようなタイプであったり、あるいはセンスがあって上手く切り抜けられてきたり、というタイプが多いのでしょう。

一連の動作と感謝


特に褒められて育ったという経験は多くの従業員はしていないのが現実でしょうから、余計に難しく感じるのかもしれません。ここは反面教師的な態度で、新人さんのやったことを褒めること、もし難しければせめて感謝を伝える努力をしてみましょう。新人さんの笑顔がもらえれば、それはあなたが新人さんを仲間にした証ですし、新人さんの心を引き付けたという明確な証拠になります。どうですか?うれしいと思いませんか?そう思ったあなたは素晴らしいトレーナーへの第一歩を確実に踏み出しています。そのまま一歩ずつ踏み進めていきましょう!素直に「よくできたね」「素晴らしいね」という戦力として認める、というコミュニケーションのスタート地点